繊維の基礎知識

ファッションを作り出す繊維に関する基礎知識を学びましょう。繊維に関する基礎知識があれば、その繊維の特長を活かした洋服を選ぶことができます。



サイトトップ > 繊維の種類の基礎知識

スポンサードリンク

繊維の基礎知識

繊維の種類の基礎知識


ファッションを彩る衣服の材料の大半は、様々な繊維です。綿や麻、羊毛など古くからの人間の生活にかかせない繊維から、新しく作られた化学繊維まで様々な種類があります。ファッションを作り出す繊維に関する基礎知識を学びましょう。

繊維に関する基礎知識があれば、その繊維の特長を活かした洋服を選ぶことができます。また、繊維に合った洗濯や扱い方などがわかります。

繊維は、大きく分けて、天然繊維と化学繊維に分けられます。天然繊維はさらに、植物繊維・動物繊維・鉱物繊維に分けられます。

植物繊維とは、綿・麻、動物繊維は絹・毛・羽毛、鉱物繊維は中皮腫の原因となると問題となっている石綿(アスベスト)です。

化学繊維は、再生繊維・半合成繊維・合成繊維・無機繊維に分かれます。再生繊維は、植物繊維をいったん溶かし、それを繊維に再生したものです。再生繊維には、レーヨン・ポリノジック・キュプラ・テンセルなどがあります。

半合成繊維は、天然の繊維や蛋白と化学物質を結合させたもので、アセテート・プロミックスなどがあります。

合成繊維は、石油などから全く人工的に合成された繊維で、ナイロン・ポリエステル・ポリウレタンなどがあります。

無機繊維とは、ガラス・炭素繊維・金属繊維などです。

衣服に使われる繊維は、家庭用品品質表示法に基づき、使用されている繊維組成が百分率で表示されています。衣服の購入や選択には、繊維の基礎知識を知っていることがとても役立ちます。


繊維の基礎知識